市場ニュース

戻る
2015年10月27日14時52分

【市況】欧州大手証券、鉄鋼セクターは鉄鋼需給改善の兆しがなければ株価ラリーは短命になると指摘

 UBS証券の鉄鋼セクターのリポートでは、高炉株は業績悪化を織り込みながら下落基調が続き、バリュエーションは過去平均よりも低いと指摘。円高など構造的な問題を抱える時、PERが支えにならなかったケースもあったことから、「注意は必要」としながらも、現在は円安で日本高炉が存続の危機に立たされている状況でもないため、「そこまでは売られない」と解説。
 株価は内外での金融緩和、中国景気対策、米国の金融引き締め見送りなどの情報に左右されそうとみて、「鉄鋼需給改善の兆しが見られなければ株価のラリーは短命になる」と予想している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均