市場ニュース

戻る
2015年10月27日09時21分

【市況】日経平均は14円高でスタート、米ファンドによる株式取得報道で7&IHDが強い動き/寄り付き概況


日経平均 : 18961.16 (+14.04)
TOPIX  : 1558.54 (-0.45)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅ながら続伸で始まった。米ファンドによる株式取得が伝えられた7&IHD<3382>が強い動きをみせており、小売セクターが堅調。その他、原油安を背景に空運もしっかり。業績観測が伝えられている自動車株は寄り付き後に上げ幅を縮めている。さらに、海運、鉱業、鉄鋼、卸売、電気機器、非鉄金属などが利食い優勢の展開。

 売買代金上位では、トヨタ<7203>、7&IHD<3382>、富士重工<7270>、日産自<7201>、ファーストリテ<9983>、マツダ<7261>などが堅調。一方で、メガバンク3行のほか、ソフトバンクグ<9984>、村田製<6981>、ファナック<6954>、日本電産<6594>などが利食いに押されてきている。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均