市場ニュース

戻る
2015年10月27日09時01分

【市況】個別銘柄戦略:日産を中心とした自動車株の動向などに関心


前日は高寄り後に伸び悩み、国内外での重要イベントや決算発表の本格化を控えて、様子見ムードが強まっている状況にあり、本日も上値の重い動きが想定される。一方、昨日はパナソニックや日立製が好業績の表面化を受けて急伸する展開となった。主力株でも好業績銘柄がストレートに評価される流れと考えられ、本日は業績観測が伝わっている自動車メーカーの動向に関心が向いそうだ。とりわけ、日産などは市場コンセンサスとの比較でプラス乖離が想定的に大きい。系列メーカーなども含めて注目。ほか、昨日の決算では、クラリオン、小野薬品、JSRなどがポジティブと捉えられそう。一方、シャープ、アドテスト、日立化成などはネガティブか。決算以外では、地銀の再編の動きがどの程度波及効果を与えるか、原発再稼働の動きで関連銘柄があらためて注目されるかなどに関心。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均