市場ニュース

戻る
2015年10月26日18時35分

【市況】明日の株式相場見通し=高値警戒感から一服、日米金融政策控え見送り

 あす(27日)の東京株式市場は、日経平均株価がきょう取引時間中に一時1万9000円台を回復して目先的な達成感が出ていることや、東証1部の騰落レシオ(25日移動平均)が131.8%(26日)と130%を超える過熱圏に達し、短期的な高値警戒感も広がっていることから、一服商状が予想される。
 市場関係者からは「きょうは寄り付きからいきなり1万9000円台を回復してスタートしたものの、後場に入って上昇幅を徐々に縮小し、ほぼ安値引けに近い大引けとなった。東証1部の売買代金もようやく2兆円を超えた程度で、買いエネルギーに乏しい状態」としている。
 今週半ばから後半にかけて、日米金融当局による政策発表が控えており、その内容を見極めたいという心理から、売り買いともに積極的な投資行動を回避する流れが続きそうだ。
 26日の東京株式市場は買い優勢でスタートし、日経平均株価は寄り付き時点で8月31日以来となる1万9000円大台を回復した。ただ、その後は伸び悩み、終値は前週末比121円82銭高の1万8947円12銭となった。
 日程面では、結婚情報サービスを手掛けるパートナーエージェント<6181>が東証マザーズに新規上場する。このほかに、9月の企業向けサービス価格指数に注目。海外ではFOMC(~28日)、8月のS&Pケース・シラー住宅価格指数、英7~9月期のGDP速報値が焦点となる。(冨田康夫)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均