市場ニュース

戻る
2015年10月26日14時52分

【材料】コーセーが反落、欧州大手証券は上方修正に安心感との見解

コーセー 【日足】
多機能チャートへ
コーセー 【日中足】

 コーセー<4922>が反落。前週末比280円(2.4%)安の1万1560円をつける場面があった。
 クレディ・スイス証券は、同社が22日引け後に上期会社計画の上方修正を発表したことについて、同証券予想比ではハイエンド中心に販売数量がやや上振れし、引き続き好調を維持したもようと指摘している。
 同証券ではまた、先ずは安心感があるというのが第一印象としたうえで、先週の資生堂<4911,T>の上方修正から、化粧品業界の好調さは確認できていたため、サプライズとはならないとの見解を示し、今後は下期の動向に注目が集まるとみているほか、上期の好調を維持できるかどうかは読みづらい部分もあるため、短期的には株価は一進一退の展開が見込まれるともしている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均