市場ニュース

戻る
2015年10月26日09時56分

【材料】大同特鋼が反落、SMBC日興が目標株価を引き下げ

大同特鋼 【日足】
多機能チャートへ
大同特鋼 【日中足】

 大同特殊鋼<5471>が反落。SMBC日興証券が23日付で投資判断「2」を継続しつつ、目標株価を630円から520円へ引き下げたことが嫌気されている。自動車部品・産業機械部品、機能材料・磁性材料、特殊鋼鋼材の3事業を下方修正したほか、高合金鋼(機能材料・磁性材料)、型鍛造品(自動車部品・産業機械部品)の足もとの不振を織り込み、16年3月期営業利益予想を270億円から240億円へ、17年3月期を同295億円から275億円へ下方修正したことが要因としている。ただし、業績回復の短期的な期待値は下がったものの、順調に収益は回復トレンドが続くとのシナリオに大きな変更はないともしている。

大同特鋼の株価は9時55分現在429円(▼14円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均