市場ニュース

戻る
2015年10月23日15時37分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):ファナック、TASAKI、コマツ、住友商

■ファナック <6954>  20,460円  +560 円 (+2.8%)  本日終値
 国内有力証券の工作機械セクターのリポートでは、当面の株価は直近下落の反動から上昇しても長続きしないと指摘。自動車関連の設備投資銘柄は、10~12月に受注悪化リスクはあるものの、基本的に「バイ&ホールド」のスタンスで、中国のスマホ関連銘柄(ファナック<6954>、ツガミ<6101>、日精樹脂工業<6293>)は、9月の受注底打ちでいったん買われる可能性があると解説。アップルでの開発投資は終わっていないとみるなか、リスク分散のために中小のEMSにも発注していると想定。個別では、目先はタクマ<6013>、長い目でハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>、低リスクとしてオーエスジー<6136>を推奨している。

■TASAKI <7968>  2,131円  +55 円 (+2.7%)  本日終値
 TASAKI<7968>が続伸。同社は22日、北京にフラッグシップストア「TASAKI Beijing in88 Wangfujing Yintai Flagship Stor」が21日にグランドオープンしたことを発表した。北京で2店舗目となる同店は、中国最大の旗艦店として、同社による最新のグローバルコンセプトに基づく店舗デザインが展開されており、中国からの訪日旅行者増で日本への関心が一段と高まるなかで新店舗も注目を集めそうだ。

■コマツ <6301>  2,035.5円  +50.5 円 (+2.5%)  本日終値
 コマツ<6301>や日立建機<6305>など建設機械株が高い。為替の円安が進むなか建機株に見直し買いが進んでいる。米ニューヨーク市場で、キャタピラーの株価が上昇したことも好感された。前日の米国で発表されたキャタピラーの7~9月期決算は、純利益が前年同期比64%減の3億6800万ドルと不振だったが、市場では悪材料出尽くし感が台頭。株価は前の日に比べ1.7%高の70.88ドルに上昇した。キャタピラー株の上昇を受け、コマツなど日本の建機株にも買い安心感が広がっている。

■住友商事 <8053>  1,336.5円  +29.5 円 (+2.3%)  本日終値
 住友商事<8053>が4日続伸。同社は22日、クランチロール(米国カリフォルニア州)と共同で日本アニメコンテンツの海外展開を促進するために、アニメへの投資会社を新たに設立することを発表した。この投資会社は、日本アニメの製作委員会へ出資することで日本のアニメコンテンツを調達し、クランチロールが保有するプラットフォームなどを通じて、今後、ますます増加が期待される世界中の視聴者に配信していく。クランチロールは日本のコンテンツをグローバルに配信するプラットフォーム事業において業界をリードする会社。現在、日本国外の1000万人超のユーザーに向けて日本のアニメコンテンツを7カ国語で配信している。

■大和証券グループ本社 <8601>  857.3円  +18.9 円 (+2.3%)  本日終値
 大和証券グループ本社<8601>が高い。NYダウが320ドル高となったことや、日本株がリバウンド上昇基調が続いていることが証券株の上昇要因となっている。地合い好転で大和証券、野村ホールディングス<8604>など業界大手証券、オンライン証券のSBIホールディングス<8473>、松井証券<8628>、マネックスグループ<8698>、カブドットコム証券<8703>なども軒並み高。特に材料があったのは大和証券G本社。世界最大手の資産運用会社ブラック・ロックが大和証券株を大量取得していることが判明した。10月21日に提出された5%ルール大量保有報告書によると、ブラックロック・ジャパンがグループ企業と共同保有で発行済み株数の5.06%(約8853万株)を一気に取得したことが確認されている。

■太平洋セメント <5233>  398円  +8 円 (+2.1%)  本日終値
 SMBC日興証券のセメントセクターのリポートでは、9月のセメント国内販売数量が前年同月比11.8%減の358.7万トンとなったことを受け、昨年9月が実質で前年同月比0.2%減とそれほど悪くなかったことや今年9月は雨天が多かった影響から、低調な荷動になったと指摘。10月の途中経過は比較的好天が続いていることなどから、営業日数考慮後の15日段階で前年同期比1.1%増とみて、昨年11月以降の落ち込み幅が大きかったため、今後は数値面では落ち着いた展開になる可能性が高いと解説。大手セメントメーカー各社は2年前に打ち出した値上げが満額に達していないことを理由に価格交渉を継続する意向として、内需が緩やかでも回復基調になれば、値上げに向けた取り組みを強める可能性があると予想。個別では太平洋セメント<5233>を買い推奨している。

●ストップ高銘柄
 ワットマン <9927>  205円  +50 円 (+32.3%) ストップ高   本日終値
 太洋工業 <6663>  708円  +100 円 (+16.5%) ストップ高   本日終値
 アクセルマーク <3624>  1,106円  +150 円 (+15.7%) ストップ高   本日終値
 以上、3銘柄

●ストップ安銘柄
 第一中央汽船 <9132>  1円  0 円 (0.0%) ストップ安   本日終値
 以上、1銘柄

株探ニュース

日経平均