市場ニュース

戻る
2015年10月22日13時00分

【市況】13時時点の日経平均は前日比88円安、日本電産が後場マイナスに転じる


13時時点の日経平均は前日比88.70円安の18465.58円で推移している。ランチバスケットは売り買い均衡との観測。先物、現物ともに10時以降は商い低迷しているが、後場は12時54分に18467円とやや下に動くような場面も見られる。なお、上海総合指数は前日比+0.24%で前場の取引を終了。

業種別では食料品、鉄鋼、空運、倉庫運輸、鉱業、海運などが堅調に推移している一方、医薬品、建設、その他金融、証券、精密機器、小売が弱い。買い優勢となっていた日本電産<6594>が下げに転じている。決算説明会終了で出尽くしなどを意識か

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均