市場ニュース

戻る
2015年10月21日12時42分

【市況】日経平均は175円高で後場スタート、上げ幅広げ一時18400円を回復/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18382.30 (+175.15)
TOPIX  : 1513.42 (+14.14)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から上げ幅を拡大して始まり、一時18400円を回復している。ランチタイムの225先物は、薄商いの中で18370-18390円辺りでのこう着が続いていたが、現物の後場寄り付き時に出来高を伴って18420円まで上げ幅を拡大させている。昼のバスケットは買い越しとの観測。円相場は1ドル119円90銭辺りでの横ばいが続いている。

 指数インパクトの大きいところでは、ファナック<6954>、京セラ<6971>、東エレク<8035>、ホンダ<7267>、TDK<6762>、ソニー<6758>、安川電<6506>などが引き続き強い動き。一方で、アステラス<453>、塩野義<4507>などが冴えない。セクターでは鉄鋼、非鉄金属、電気機器、機械、パルプ紙、海運、保険などが堅調。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均