市場ニュース

戻る
2015年10月21日08時35分

【市況】【今日の相場見通し】本日の予想レンジ 18,050円~18,250円。 

 米ダウ平均は、特に目立つ材料が見当たらない中、主力企業であるハイテク大手のIBMが、決算内容の失望から大きく下落したことが足枷となり小幅反落。その影響でシカゴの日経平均先物も、終盤失速し大証の終値と同じレベルでの大引けとなったことから、東京市場の朝方も若干の売り先行から、やや軟調な取引スタートとなりそうだ。

 一巡後は、国内主力企業の決算発表を控え、様子見基調から積極的な売買は見送られる公算で、昨日の取引でも米国株続伸という追い風も生かせず、東証1部の出来高は17億株と低水準であったことから、本日も方向感の乏しく上値の重い相場展開が想定される。

 テクニカル的には大きな変化が見られないことから、昨日同様に一目均衡表の転換線(18,098円前後)が目先のサポートラインとなり、上値はボリンジャーバンドの+1σ(18,338円前後)が抵抗線となるだろう。

 新興市場のジャスダック平均も、引き続きボリンジャーバンドの+1σ(2,537円前後)~+2σ(2,566ポイント前後)の価格帯での取引となりそうだが、+1σを割り込んだ場合は、25日移動平均線(2,508ポイント前後)近くまでの調整も視野に入ってくる。マザーズ指数は、昨日の取引で支持線あるボリンジャーバンドの+1σ(801ポイント前後)を割り込んだことから、次に下値メドは25日移動平均線(785ポイント前後)が目安とされる。

 本日の予想レンジ 18,050円~18,250円。(ストック・データバンク 編集部)

【関連記事・情報】

日経平均