市場ニュース

戻る
2015年10月19日15時27分

【市況】日経平均は3日ぶり反落、一時プラスに切り返すも戻り鈍く/相場概況


日経平均は3日ぶり反落。16日の米国市場でNYダウは74ドル高となった。ただ、中国の7-9月期国内総生産(GDP)などの発表を控え、これを見極めたいとするムードから日経平均は小幅安でスタートすると、前場に一時18078.43円(前週末比213.37円安)まで下落する場面があった。中国7-9月期GDPは前年同期比+6.9%と市場予想をやや上回り、日経平均は後場の寄り付き直後にプラスへと切り返した。ただ、戻りの鈍さから再び売りに押され、3ケタの下げで本日の取引を終えた。

大引けの日経平均は前週末比160.57円安の18131.23円となった。東証1部の売買高は18億7544万株、売買代金は1兆9952億円だった。業種別では、ゴム製品、非鉄金属、鉄鋼が下落率上位だった。一方、その他製品、建設業、小売業が上昇率上位だった。

個別では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などが軟調。ファナック<6954>は3%近い下落で指数を押し下げた。また、サンケン電<6707>が東証1部下落率トップとなったほか、マンション傾斜問題に揺れる旭化成<3407>が8%超、三住建設<1821>も7%近い下げとなり下落率上位にランクインした。一方、ソニー<6758>や任天堂<7974>が堅調。東電力<9501>、コーセー<4922>、資生堂<4911>は3%超の上昇に。また、明治海<9115>、戸田建<1860>、パイプドHD<3919>などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均