市場ニュース

戻る
2015年10月19日14時11分

【市況】ドルの戻りは限定的、中国経済の減速懸念払拭できず


 日経平均株価のマイナス圏推移が続くなか、ドル・円の戻りは限定的。今日11時に発表された中国7-9月期国内総生産(GDP)の予想上振れを受けて買い戻しが入り、119円14銭から119円61銭まで急反発したが、その後は値を下げる展開。足元では119円30銭台で推移している。目先もじり安の展開を予想する。

 ユーロ・ドルは1.1352ドルから1.1377ドル、ユーロ・円は135円47銭から135円95銭で推移。
《TY》

 提供:フィスコ

日経平均