市場ニュース

戻る
2015年10月19日10時31分

【市況】10時30分時点の日経平均は先週末比171円安、コーセー、ユニ・チャームがしっかり


10時30分時点の日経平均は先週末比171.16円安の18120.64円で推移している。ここまでの高値は9時寄付きの18282.78円、安値は10時16分の18078.43円とじり安の展開に。11時に中国7-9月期GDPの発表を控えているが、市場では警戒感が先行しており利益確定の動きが強まっている。なお、上海総合指数は先週末比+0.3%で取引を開始。

売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクG<9984>、三菱UFJ<8306>などメガバンク、ファナック<6954>、三井物産<8031>、三菱電機<6503>がさえない。一方、東京電力<9501>、任天堂<7974>、コーセー<4922>、ユニ・チャーム<8113>がしっかり。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均