市場ニュース

戻る
2015年10月17日14時58分

【市況】国内株式市場見通し:追加緩和や政策期待からPKO的な相場展開か


■一時節目の18000円、心理的な支持帯の25日線割り込む

先週の日経平均は下落。中国経済の鈍化懸念や商品相場の下落、米国株安などの影響から下落して始まると、14日には節目の18000円、心理的な支持線として意識されていた25日線をあっさり割り込む局面をみせた。ただし、週後半に向けてはリバウンドをみせており、直近のもち合いレンジの上限水準を回復している。週前半は原油相場など商品市況の下落が懸念されたが、中国のほかロシアやサウジアラビアなどの原油輸出国が資産の取り崩しを余儀なくされているとの見方。また、インデックスに絡んだ売買が中心となるなか、郵政上場に向けた取得のための資金手当ての動きとの見方もされていた。

一方で、日銀は10月30日に展望リポートをまとめるが、その際に物価シナリオを下向きに修正することを議論すると報じられると、追加緩和政策への期待感が高まった。さらに政府の「一億総活躍」への政策期待が高まり、週末にかけては海外勢とみられる買戻しの流れが強まっていた。

■米決算が本格化、国内は業績修正が飛び出しやすい

今週は米国企業の決算発表がピークを迎えるほか、国内では本格化してくる決算を前に、業績修正が飛び出しやすい。中国経済の減速等から下方修正が警戒されやすく、先回り的な動きというよりは、決算を見極めたいとする模様眺めムードにつながりやすい。とはいえ、足元の調整でポジションが大きくロングに傾いているとは考えづらく、決算がアク抜けにつながる可能性もある。

また、先週は子会社によるデータ偽装問題の影響から売り込まれていた旭化成<3407>、三たび偽装が発覚した東洋ゴム<5105>なども、急落後は切り返しをみせていた。週末に下方修正を発表し、その後売り込まれたツガミ<6101>も切り返すなど、需給面では売り込みづらい状況であろう。月末までは追加緩和期待が根強い。さらに、来月には郵政上場を控えており、上場を失敗させないためにもPKO的な相場になりやすいか。

■さくらリポート、訪日外国人客数

経済指標では19日に日銀が全国支店長会議を開き、10月の地域経済報告(さくらリポート)を公表する。20日には9月の鉄鋼生産、百貨店売上高、コンビニエンスストア売上高。21日には9月の貿易収支、全国スーパー売上高のほか、訪日外国人客数が発表される。さくらリポートでより緩和期待が膨らむかが注目されるほか、訪日外国人客数では利益確定に傾いているインバウンド関連への見直し材料になるかが注目されよう。
その他、海外では19日に中国の7-9月GDP(国内総生産)、小売売上高、工業生
産、固定資産投資が発表される。中国経済の減速懸念が根強い中で緩和期待も高
まりやすく、市場の関心が集まりやすい。米国では19日に10月のNAHB住宅市場指
数、20日に9月の住宅着工・建設許可件数、21日にMBA住宅ローン申請件数、
22日に9月の米中古住宅販売件数が発表される。

■米モルガン決算、国内は日本電産、安川電機など

決算では19日に米モルガン・スタンレーやIBM、20日にユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、ベライゾン・コミュニケーションズ、ヤフー、21日にボーイング、コカ・コーラ、ゼネラル・モーターズ、テキサス・インスツルメンツ、アメリカン・エキスプレス、イーベイ、サンディスク、22日にダウ・ケミカル、キャタピラー、3M、マクドナルド、マイクロソフト、AT&T、アマゾン・ドット・コム、など主力企業の決算が続く。国内では20日に安川電機<6506>、21日に日本電産<6594>、23日に花王<4452>などが予定されている。

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均