市場ニュース

戻る
2015年10月16日19時02分

【テク】日経平均テクニカル:調整トレンドの中での押し目買い意欲の強さが窺える


16日の日経平均は大幅続伸。ギャップ・アップで5日線を突破して始まると、その後は狭いレンジ内での取引が続いており、ほぼ十字足の形状に。こう着感が強まっていたが、5日線を上回って推移。ボリンジャーバンドでは+1σに上値を抑えられている。これまでのもち合いレンジでの推移であるが、このまま18300円処を支持線に変えてくることができれば、下にアイランド・リバーサル形状を残す格好になる。MACDは上向きに推移しており、陽転シグナルは継続。一目均衡表では転換線、基準線から上放れ、遅行スパンは上方転換シグナルを発生させている。ただし、実線が18800円近辺に切り上がる局面を迎えるため、いったん下方転換をみせてくる可能性も。週間形状では雲の中での推移だが、雲上限近辺での攻防。6週連続で陽線を形成しており、調整トレンドの中での押し目買い意欲の強さが窺える。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均