市場ニュース

戻る
2015年10月16日16時09分

【特集】アウトソーシング Research Memo(5):新たな領域での人材ニーズに対応する独自のPEOスキーム


■会社概要

(4)企業特徴

a)独自のPEOスキームによる人材ニーズの創出と顧客の囲い込み
アウトソーシング<2427>は、主力の製造系アウトソーシング事業が、メーカーの生産拠点の海外移管や産業構造の変化(鉱工業からIT及び土木建築産業へのパラダイムシフト)、国内人口の減少などにより、中長期的には縮小することが予想されていることや今回の改正労働者派遣法を見据えて、新たな領域での人材ニーズに対応する独自のPEOスキームを2014年9月に立ち上げた。製造工程に従事する労働者は、短いサイクルでの変動領域に対応する外部派遣社員(これまでの派遣は3年を超えて継続できないため、月々の生産変動を調整するための領域に対応)と、長期サイクルでの変動領域に対応するメーカー直接雇用の期間社員(将来的に発生の可能性がある生産海外移管やリーマンショック時のような大量の派遣契約の打切りのリスクに備えた領域に対応)、メーカー正社員の3層構造になっているが、本スキームでは、これまでの外部派遣社員の領域ではなく、メーカー直接雇用の期間社員が対応してきた領域での人材ニーズを創出するところに特徴がある。

具体的には、メーカーに同社グループである(株)PEOの運営する「PEO会」に会員として参画してもらったうえで、これまでのメーカー直接雇用の期間社員を(株)PEOの正社員(無期雇用社員)として受け入れるとともに、メーカーに派遣社員としてリースバックする形となる。派遣先メーカーにとっては、これまで長期雇用で効率性を高めてきたメーカー直接雇用の期間社員の継続採用が5年間に制限(2013年の労働契約法改正)されたところを、本スキームにより期間無制限で活用することができるところにメリットがある。特に、同社の得意とする自動車メーカーは製品ライフサイクルが比較的長期になることもあって、この領域への依存度は高く、潜在的な需要は大きいとみられる。一方、同社にとっては、正社員(無期雇用社員)を抱えることによる固定人件費のリスクがある半面、高騰が続いている採用費の削減を図ることができるメリットがあるうえ、顧客にとって重要な人材をプールするためのプラットフォームとして、スケールメリットが発揮しやすいことや競合が生まれにくい事業モデルであることから、顧客の囲い込みを含めて、同社が先行者利益を享受できる可能性は高いと考えられる。もちろん、社員にとっても同社が安定雇用の担い手になることによる恩恵を受けるため、社会的な意義も大きい。

b)スクール事業を活かしたキャリアチェンジによる人材育成
同社が注力しているIT及び建設分野においては、スクール事業を活かした人材育成による差別化を図っている。具体的には、同社グループのKENスクールが顧客の通信キャリアと共同で開発したIT系育成プログラムや、大手ゼネコンOBと共同で開発した土木建築系の教育プログラムを活用することで、一般作業員からのキャリアチェンジによる人材育成を推進しており、成長産業で技術者が不足しているIT及び土木建築産業への進出を支えている。2015年6月末のIT分野の技術者は1,017名(前年同期は788名)、同様に建設分野の技術者は548名(前年同期は82名)と順調に増加しており、国内有数の技術系アウトソーシング事業集団に成長してきた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均