市場ニュース

戻る
2015年10月16日09時54分

【材料】「IR通信」2015年9月号より:J-REIT市場の最前線

日ヘルスケア 【日足】
多機能チャートへ
日ヘルスケア 【日中足】


上場企業の経営戦略が読める情報雑誌「IR通信」2015年9月号では、市場創設から15年目を迎え、50銘柄以上が上場する「東証J-REIT市場」の上場REITを特集。市場の最近の動向や中長期の展望などについて、東証担当者や著名アナリストに取材しているほか、今後の成長戦略や分配金方針について資産運用会社の経営トップにインタビュー。海外からも注目されているJ-REIT市場の「いま」を明らかにし、「これから」を展望した。

特集で取り上げた上場銘柄は、「ヘルスケアREIT」として注目されている日本ヘルスケア投資法人<3308>、「ホテルリート」の注目株である星野リゾート・リート投資法人<3287>、東急不動産グル?プの「住宅リート」のコンフォリア・レジデンシャル投資法人<3282>の3銘柄。

日本ヘルスケア投資法人の資産運用会社である大和リアル・エステート・アセットマネジメントの代表取締役社長、山内豊氏へのインタビューでは、ヘルスケアリートが登場した背景や複合老人ホームや病院物件の取得など今後の戦略を聞いた。

星野リゾート・リート投資法人の資産運用会社である星野リゾート・アセット・マネジメントの代表取締役社長、秋本憲二氏へのインタビューでは、ブランド力と運営力という強みやインバウンド需要をテコにした成長戦略などを聞いた。

コンフォリア・レジデンシャル投資法人の資産運用会社である東急不動産コンフォリア投信の代表取締役、遠又寛行氏へのインタビューでは、人口純減時代においても人口増が期待される都心部特化という独自戦略や東急不動産グループのノウハウをフル活用できる独自の強みなどを取材した。

その他、詳しい情報は雑誌「IR通信」またはサイト「IR通信Online」にて掲載。

上場企業と投資家をつなぐ成長企業の経営戦略が読める情報誌「IR通信」2015年3月号
主要書店にて1部1000円にて販売中

《NO》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均