市場ニュース

戻る
2015年10月16日09時18分

【材料】菱洋エレクトロ---IoTが成長戦略、総還元性向100%でROEも早期8%以上へ

菱洋エレク 【日足】
多機能チャートへ
菱洋エレク 【日中足】


菱洋エレクトロ<8068>は三菱電機<6503>などの半導体、ICT製品を取扱うエレクトロニクス専門商社。半導体/デバイスとICT/ソリューションの2つのコア事業の更なる強化、拡大を見据え、IoT分野への取り組みにも注力する。

2016年1月期は売上高で前期比10.8%増の1,220億円、営業利益で同21.7%増の25億円が見込まれている。第2四半期までの累計決算は、売上高が前年同期比8.6%増の586.51億円、営業利益で同30.1%増の11.18億円と順調な推移。半導体/デバイス分野での通信機器向け液晶の製造受託ビジネスが寄与した。

2019年1月期を最終年度とする中期経営計画は、売上高で1,500億円、営業利益で50億円、ROE5%が目標。ROEについては早期に8%以上を目指す方針も併記されている。得意先のIoT成長戦略に貢献することによるコア事業の拡大、M&A や戦略的アライアンスによるシナジー追求、中華圏・ASEAN 地域を中心に「現地顧客の開拓」「現地商材の発掘」「ICTビジネスの展開」「設計・開発機能の強化」により、海外市場の成長力を積極的に取り込むことなどが骨子とする。

なお、PBRは0.60倍と1倍を下回り、配当利回りは1.93%と相対的に高水準。株主還元については、配当及び自己株式の取得により、連結当期純利益に対する総還元性向を当面100%に高める方針である。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均