市場ニュース

戻る
2015年10月13日14時46分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にDMP

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の13日14時現在で、ディジタルメディアプロフェッショナル<3652>が「買い予想数上昇」で4位となっている。

 この日はストップ高カイ気配で推移している。前週末9日の取引終了後、2012年度から進めてきた次世代LSIの開発を完了し、2D/3DグラフィックスLSI「VF2」として製品化し、前週末9日から販売を開始したと発表しており、これを好感した買いが先行しているようだ。
 「VF2」は、同社が蓄積してきた「3Dグラフィックス技術」をベースに、高性能ビデオコーデックおよび内臓メモリ、各種外部インターフェイスの機能を1チップに統合した、アミューズメント機器向け2D/3DグラフィックスLSI。リアルタイム3Dグラッフィクスによる豊かな映像表現が、これまでのムービーを中心としたアミューズメント機器の表現の可能性を広げ、顧客の製品開発に貢献するとしている。
 同時に、16年3月期単独業績見通しについて、最終損益を従来予想の1億9000万円の赤字から6100万円の赤字(前期3億1100万円の赤字)へ縮小させており、これも好材料視されているようだ。投資有価証券売却益を特別利益として計上することが要因。なお、売上高は6億8000万円(前期比46.6%増)、営業損益は1億9200万円の赤字(前期4億6200万円の赤字)の従来予想を据え置いている。
 好材料と業績予想の上方修正に加えて、株価が年初来安値圏からのリバウンド基調にあることも、買い予想数の上昇につながっているようだ。

DMPの株価は14時42分現在2095円(△400円)カイ気配


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均