市場ニュース

戻る
2015年10月13日12時02分

【材料】イオンファンが反落、有力処は海外を中心とした成長シナリオに変更はないとの見解

イオンファン 【日足】
多機能チャートへ
イオンファン 【日中足】

 イオンファンタジー<4343>が反落。買い優勢で始まり、一時、前週末比30円高の1896円まで買われる場面があったものの、その後は売り優勢の展開。1842円で前場の取引を終えている。
 いちよし経済研究所では、上期の積極的な新規出店や既存店の遊戯機械の入替などのリニューアル効果により、売上高は会社計画達成を予想するも、利益面では上期の未達分をカバーできないと考え、会社計画下振れを予想。ただ、中国が半期で初の営業黒字化するなど海外は順調に推移していることを評価し、「海外を中心とした成長シナリオに変更はない」と解説。
 レーティング「A」を継続、目標株価を2700円から2500円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


最終更新日:2015年10月13日 12時03分

【関連記事・情報】

日経平均