市場ニュース

戻る
2015年10月13日09時46分

【材料】サカタのタネが大幅反発、高収益種子売上好調で16年5月期業績予想を上方修正

サカタタネ 【日足】
多機能チャートへ
サカタタネ 【日中足】

 サカタのタネ<1377>が大幅反発。前週末9日の取引終了後、16年5月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の583億円から586億円(前期比3.3%増)へ、営業利益を同55億円から60億円(同25.5%増)へ、純利益を同41億円から42億円(同9.9%増)へ上方修正したことが好感されている。トルコギキョウやブロッコリーなどが好調に推移していることや、収益性の高い種子売り上げが想定以上に伸びていることなどが要因としている。
 同時に発表した第1四半期(6~8月)決算は、売上高150億4700万円(前年同期比10.1%増)、営業利益38億3700万円(同37.3%増)、純利益25億900万円(同25.3%増)だった。アジア向けのニンジンやトルコギキョウ、北米・欧州向けの野菜種子、花種子の卸売が好調に推移したことが業績を牽引した。

サカタのタネの株価は9時42分現在2378円(△166円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均