市場ニュース

戻る
2015年10月13日09時31分

【為替】東京為替:ドル伸び悩みも120円以下には個人勢などのドル買い興味残る


ドル・円は119円97銭近辺で推移。国内株安を意識してドルは上げ渋っているが、120円以下には個人勢などのドル買い興味が残されており、アジア市場でドルが大きく下げる可能性は低いとみられている。市場関係者の間では9月の中国貿易収支の数字が注目されており、貿易黒字が予想を下回った場合、ドル売りがやや優勢になるとの見方が出ている。ドル・円は119円95銭から120円08銭で推移。


ユーロ・ドルは下げ渋り、1.1352ドルから1.1361ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、136円11銭から136円39銭で推移。

■今後のポイント
・東京株安に対する反応乏しい
・120円以下には個人勢、短期筋などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値47.72ドル 安値47.45ドル 直近値47.54ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均