市場ニュース

戻る
2015年10月13日07時12分

【市況】NY金先物週間見通し:伸び悩みか、株高継続で安全逃避の買い縮小も


■NY金先物
安値:1,129.60ドル
高値:1,159.30ドル
終値:1,155.90ドル
前週末比(騰落率):1.70%

■上昇、米利上げ先送りの思惑やユーロ高が意識される

NY金先物は上昇。米国の年内利上げに対する懐疑的な見方が広がったことが要因。ユーロ高も意識されたようだ。12月に利上げを開始しても次回の利上げは来年半ば頃になるとの見方が出ており、米金利の大幅な上昇の可能性は低いことが金買いを促した。


■伸び悩みか、株高継続で安全逃避の買い縮小も

想定レンジ:1,130.00~1,170.00ドル

NY金先物は伸び悩みか。米年内利上げの可能性は低下しており、金先物は強い動きを見せたが、欧米諸国の株高が継続した場合、代替資産としての金の需要は減少する見込み。米国の年内利上げ観測が再浮上した場合、金先物は大きく下げる可能性があるため、長期金利の動向には注意が必要となりそうだ。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均