市場ニュース

戻る
2015年10月09日22時39分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・蓮舫議員:全体主義ではなく個を認める国造りを私は進めたい


民主党の蓮舫議員は「一億総活躍?子どもを守る予算の確保すらできずに何をするのだろうか。格差を是正し、1人1人が居場所と出番のある社会。全体主義ではなく個を認める国造りを私は進めたい。」とツイート(10/09)。


市場関係者の間からは、「一国総活躍」はかつての国家総動員法を想起させるとの声が聞かれている。役割や目的はまだはっきりしていないが、国民の権利を著しく制限し、国家への貢献度を高めることが狙いではないか?との懸念も出ている。

全体主義的な発想であることは否めず、安倍政権は国民の権利を段階的に剥奪していくのではないか?との警戒感が高まる可能性がある。株式市場にとって扱いにくいテーマであるが、市場の活力を奪うことがあってはならない。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均