市場ニュース

戻る
2015年10月09日19時01分

【テク】日経平均テクニカル:上昇するボリバン+1σ、+2σとのレンジに沿ったリバウンド意識


9日の日経平均は、大幅反発。上昇して始まり、その後上げ幅を縮める局面もみられたが、上昇する5日線が支持線として機能しており、下ひげを残す格好での切り返しをみせた。その後は直近の心理的な抵抗であった18400円を捉えてきてきている。ボリンジャーバンドでは+1σを超えてきており、+2σとのレンジに移行するかが注目される。バンドは収れんから拡大に向かう可能性があるため、上昇する+1σ、+2σとのレンジに沿ったリバウンドが期待されそうだ。一目均衡表では基準線をサポートに上放れが見られそうであり、遅行スパンの上方転換シグナル発生も意識。雲下限が視野に入ってきている。週間形状の一目均衡表では終値で雲上限を突破してきている。上昇する雲上限が支持線として意識される中、来週は雲上限が18543円辺りに切り上がりをみせてくるため、これに沿ったトレンド形成に期待。上値抵抗としては、基準線、転換線が位置する18870-18900円辺りとなる。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均