市場ニュース

戻る
2015年10月09日09時21分

【材料】ファーストリテ急落、16年8月期は営業利益22%増も市場予想を下回る

ファストリ 【日足】
多機能チャートへ
ファストリ 【日中足】

 ファーストリテイリング<9983>が急落。8日の取引終了後に発表した16年8月期の連結業績予想は、売上高1兆9000億円(前期比13.0%増)、営業利益2000億円(同21.6%増)、純利益1150億円(同4.5%増)と前期に続き営業最高益更新を見込んでいるが、市場予想の2300億円前後を下回ることが嫌気されている。
 国内ユニクロ事業で既存店売上高4.0%増を計画するほか、海外ユニクロ事業ではグレーターチャイナを中心に約175店舗の大量出店と、米国事業でのEコマース事業拡大による赤字幅改善を目指す。さらに、ジーユーなどグローバル事業ブランドでも国内外で約80店舗の出店を計画し、業績拡大を図る方針。年間配当は前期比20円増の370円を予定している。
 また、15年8月期連結決算は売上高1兆6817億8100万円(前の期比21.6%増)、営業利益1644億6300万円(同26.1%増)、純利益1100億2700万円(同47.6%増)だった。国内ユニクロ事業の堅調と海外ユニクロ事業の大幅増益で営業利益は最高益を更新したが、国内で第4四半期に売上高・粗利益率が計画を下振れたことや、米国の赤字幅拡大、東南アジア事業の下振れなどで従来計画の営業利益2000億円には届かず、これもは弱材料視されているようだ。

ファーストリテの株価は9時18分現在4万4470円(▼4170円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均