市場ニュース

戻る
2015年10月08日12時47分

【市況】日経平均は103円安で後場スタート、前引け値から若干下げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18219.01 (-103.97)
TOPIX  : 1486.78 (-6.39)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を縮めて始まっている。ランチタイムの225先物は現物の前引け時点で18170円の安値をつけたが、その後は18280円まで戻す局面もみられていた。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル119円90銭辺りでの推移に。

 規模別指数では大型、中型、小型株指数ともに下げているが、大型株指数の下げ幅は小さい。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>が本日も大きく下げており、日経平均の押し下げ要因。一方で、ソフトバンクグ<9984>、ファナック<6954>、東エレク<8035>、ダイキン<6367>、京セラ<6971>、ミネベア<6479>などが下支え。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均