市場ニュース

戻る
2015年10月08日11時05分

【材料】シャープの目標株価を100円に引き下げ、レーティング「アンダーウェイト」継続

シャープ 【日足】
多機能チャートへ
シャープ 【日中足】

 シャープ<6753>が一時、前日比4円高の141円まで買われる場面があった。株価が141円まで回復するのは9月30日以来となる。韓国サムスン電子の決算が良かったこともシャープ株の買い材料となった。
 ただ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券でリリースされたリポートでは、「業績予想を下方修正して、目標株価を180円から100円に引き下げる」と紹介された。同証券のアナリストはレーティング「アンダーウェイト」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均