市場ニュース

戻る
2015年10月08日10時49分

【材料】CVSベイが急反落、第2四半期営業利益27%増も目先利益確定売り

CVSベイ 【日足】
多機能チャートへ
CVSベイ 【日中足】

 シー・ヴイ・エス・ベイエリア<2687>は4日ぶり急反落。同社は7日取引終了後、16年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結決算を発表。売上高に相当する営業総収入は148億2300万円(前年同期比0.6%減)、営業利益は1億8900万円(同27.2%増)、最終利益は9000万円(同57.3%減)だった。コンビニ事業では、淹れたてコーヒーやドーナツなどの販売が好調なカウンター商材を強化したことや、消費税増税に伴う買い控えの反動効果、また夏場の天候に恵まれたことなどが寄与した。前期までに大規模な不採算店舗の閉店などを実施したことから全店売上高は減少したものの、既存店の売上高が順調に推移したこともあって利益面では大幅な増益となった。ただ、通期業績予想は従来見通しを据え置いていることもあって、目先利益確定の売りがかさむ格好に。

CVSベイの株価は10時48分現在110円(▼9円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均