市場ニュース

戻る
2015年10月08日08時18分

【材料】富士通フロンテック---グローバルビジネスが拡大、RFIDなどにも注力

富フロンテク 【日足】
多機能チャートへ
富フロンテク 【日中足】


富士通フロンテック<6945>は金融機関向けのATMや営業店端末、流通業界向けPOSに加え、同社製品中心のトータルソリューションをてがけている。RFIDなどのデバイス、手のひら静脈認証技術などのキーテクノロジーを活用した最先端のシステムやソリューションなどに注力している。米国、欧州、中国を中心に2015年3月期の海外売上高比率は30.5%。

2016年3月期は売上高で前期比6.6%増の1,160億円、経常利益で同3.7%増の50億円が見込まれている。グローバルビジネスの戦略的な拡大、店舗向け現金管理運用サービスやRFIDプラットフォーム商品化など新ビジネス・新商品の創出に注力する。第1四半期は順調な滑り出し。

1株あたり配当は利益成長とともに引き上げられてきているが、2016年3月期は前期比横ばいの18.00円。配当性向は14.4%が見込まれている。また、PBRは0.93倍と1倍を下回る。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均