市場ニュース

戻る
2015年10月07日09時54分

【市況】概況からBRICsを知ろう~インドSENSEX指数は上昇、欧米株高への期待が高まる


【ブラジル】ボベスパ指数 47735.11 +0.29%
6日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比137.04ポイント高(+0.29%)の47735.11で取引を終えた。48091.62まで上昇した後、いったん7388.54まで下落した。指数構成銘柄での値上がりは38、値下がりは25、変わらず1であった。

NY原油先物が大幅に上昇したこと(通常取引で一時48.63ドル)。また、ルセフ政権の歳出削減に対する姿勢が(財政赤字拡大につながる歳出案に拒否権行使へ)、議会に支持されるとの観測が、ブラジル株の買いにつながった。一方、国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済見通しで、「ブラジル経済の落ち込みは想定以上」として、2015年をマイナス3%まで大幅に下方修正したことが、ブラジル株への売り圧力になった。

【ロシア】MICEX指数 1670.69 +1.10%
6日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMICEX指数は、前日比18.22ポイント高(+1.10%)の1670.69で取引を終了した。1649.61から1670.69まで上昇し、高値引けとなった。

ブレント原油先物が大幅に上昇したことが(一時51.99ドル)、ロシア株を押し上げた。また、ロシア政府が原油輸出関税の凍結を決定するとの観測も、買い材料になったとみられる。ただ、国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済見通しで、ロシアの2015年成長をマイナス3.8%まで引き下げており、途中のロシア株上げ渋りにつながった可能性。

【インド】SENSEX指数 26932.88 +0.55%
6日のインドSENSEX指数は上昇。前日比147.33ポイント高(+0.55%)の26932.88、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同33.60ポイント高(+0.41%)の8152.90で取引を終えた。

SENSEX指数は高寄り後に伸び悩み、一時前日比マイナスとなる場面があったが、取引終了時点にかけて反転、上昇した。この日発表された9月の日経インドPMI総合指数は51.5となり、8月実績の52.6を下回ったことが嫌気されたが、欧米株高への期待は持続しており、株価指数の反転につながった。米国の利上げ時期が12月以降になるとの思惑が広がっていることも意識されたようだ。

【中国本土】休場

《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均