市場ニュース

戻る
2015年10月07日08時04分

【材料】アビスト---設計開発アウトソーシング事業が2ケタの伸び

アビスト 【日足】
多機能チャートへ
アビスト 【日中足】


アビスト<6087>は3D-CADを駆使した機械設計およびシステム・ソフトウェア開発を手掛ける。工業設計技術サービス事業では業務形態(派遣・請負)、機械・情報・電気系などの設計開発などを行う。その他、3Dプリントサービス等を手掛けている。

足元の業績では、2015年9月期第3四半期(14年10月-15年6月)の売上高が前年同期比15.8%増の44.83億円、営業利益が同18.2%増の6.19億円、経常利益が同38.1%増の6.84億円、四半期純利益が同53.1%増の3.77億円だった。

セグメント業績では、設計開発アウトソーシング事業の売上高は14.1%増の43.86億円。水素水製造販売事業の売上高は1.15億円。その他の不動産賃貸事業の売上高は同1.1%増の0.23億円。なお、「その他事業」に含まれていた「水素水製造販売事業」について、量的な重要性が増したため前連結会計年度末より、報告セグメントとして記載する方法に変更している。また、3月に開設した3Dプリント専用事業所については、4月から本格稼働を開始し、案件確保に注力している。

15年9月期通期については、本年9月に業績予想の上方修正を行い、売上高が前期比17.0%増の62.02億円、営業利益が同23.4%増の8.80億円、経常利益が同39.2%増の9.47億円、純利益が同36.8%増の5.35億円を見込んでいる。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均