市場ニュース

戻る
2015年10月07日03時11分

【市況】NY金:続伸で1146.40ドル、米貿易赤字拡大やIMF成長見通し下方修正で買い


NY金は続伸(COMEX金12月限終値:1146.40↑8.80)。1137.40ドルから1151.00ドルまで上昇した。この日発表された米国の8月貿易収支の赤字幅が予想以上に拡大したことで、景気減速への懸念が浮上。連邦準備理事会(FRB)の年内利上げ観測後退による買い安心感が継続した。


また、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを発表。商品価格の下落が新興国に打撃として、世界成長見通しを下方修正したことから、世界的に中銀の緩和的な政策が先延ばしされるとの思惑、または、安全志向の高まりも金の買いにつながったもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均