市場ニュース

戻る
2015年10月06日13時15分

【市況】13時10分時点の日経平均は192円高、上げ幅縮小も値上がり数は7割占める


13時10分時点の日経平均は192.89円高の18198.38円で推移している。先物主導で上げ幅を縮める動きがみられ、18200円を下回って後場の取引を開始。その後は18200円を回復する局面もみられているが、売り買いが交錯。もっとも、鉄鋼、水産農林、鉱業は引き続き「3%を超える上昇が続いている。東証1部の値上がり数は1400を超えており、全体の7割を占めている。

売買代金上位では、トヨタ<7203>、ソフトバンクグ<9984>、メガがバンク3行、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、ベステラ<1433>、ファーストリテ<9983>などが堅調。

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均