市場ニュース

戻る
2015年10月05日10時24分

【市況】概況からBRICsを知ろう~ブラジル株式市場は続伸、内閣改造発表を好感


【ブラジル】ボベスパ指数 47033.46 +3.80%
2日のブラジル株式市場は続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比1720.19ポイント高(+3.80%)の47033.46で取引を終えた。44973.40から47033.46まで上昇し、高値引けとなった。指数構成銘柄での値上がりは61、値下がりは3、変わらず0であった。

ブラジルのルセフ大統領が2日、内閣改造を発表。閣僚ポスト(現在39)を8つ減らして、給与を一律10%削減、経費も抑制するなどの方針を示したこと。また、連立相手の閣僚ポストを増やし、政権の結束強化を図ったことなどが好感されたもようで、株高が進んだ。また、NY原油先物が上昇に転じたことも、買い材料になったとみられる。

【ロシア】MICEX指数 1612.56 +0.89%
2日のロシア株式市場は続落。主要指標のMICEX指数は、前日比14.41ポイント安(+0.89%)の1612.56で取引を終了した。1630.75から1603.48まで下落した。

ロシア軍のシリアでの行動について、米国と同盟諸国(英、仏、独、カタール、トルコ、サウジアラビア)が宣言を発表して、深い懸念を表明。ロシアと欧米などとの対立が強まることへの懸念が、株安につながったとの見方。また、ブレント原油先物が一時47ドル割れまで下落したことも、ロシア株の売り圧力になった。

【インド】休場

【中国本土】休場

《NH》

 提供:フィスコ

日経平均