市場ニュース

戻る
2015年10月05日09時32分

【市況】日経平均株価が1万8000円台回復、9月18日以来約2週間ぶり

 5日前場の東京株式市場は、寄り付きから全般に買い優勢で、日経平均株価は一時、前週末比289円高の1万8014円まで買い進まれ1万8000円台を回復している。取引時間中での1万8000円台回復は9月18日以来約2週間ぶりのこと。
 前週末の米株式市場でNYダウ平均株価が前日比200ドル高と大幅反発したのに加え、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉が大筋合意の見通しとなったことも買い支援材料となり、ほぼ全面高商状となっている。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均