市場ニュース

戻る
2015年10月02日18時41分

【市況】来週の株式相場見通し=国内政策評価し上値試す、小売業の決算発表注視

 来週(5~9日)の東京株式市場は、日本時間今夜発表の米9月雇用統計の内容を織り込みながら上値を試す展開となりそうだ。日経平均株価の想定レンジは1万7400~1万8200円とする。
 来週は、久しぶりに国内に関心が集まりそうだ。6~7日に開催される日銀金融政策決定会合に対して、多くの市場関係者の見方は「今回は現状維持となる可能性が高いものの、次の30日の会合での追加的金融緩和につながる期待感がある」というものだ。
 さらに、7日には安倍内閣の改造が実施され、「経済最優先の政権運営」の方針を具体化するための新たな景気対策などが表面化して、買い材料視される可能性もある。また、2月期決算会社の8月中間決算発表で、インバウンド需要拡大などが追い風となっている小売業の業績好調さが改めて認識されそうだ。
 日程面では、8月の毎月勤労統計調査(5日)、日銀金融政策決定会合(6~7日)、8月の景気動向指数(7日)、8月の機械受注、9月の景気ウォッチャー調査(8日)、オプションSQ(9日)に注目。
 海外では、米9月のISM非製造業景況指数(5日)、米8月の貿易収支(6日)、米8月の消費者信用残高(7日)、G20財務相・中央銀行総裁会議(8日)、米9月の輸入物価(9日)が焦点になる。(冨田康夫)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均