市場ニュース

戻る
2015年10月01日10時23分

【材料】ミルボン---第3四半期営業益17.8%増、売上伸長に伴いゆめが丘工場を増設

ミルボン 【日足】
多機能チャートへ
ミルボン 【日中足】


ミルボン<4919>は30日、2015年12月期第3四半期(14年12月-15年9月)決算を発表。売上高が前年同期比8.4%増の199.78億円、営業利益が同17.8%増の37.87億円、経常利益が同18.1%増の35.94億円、四半期純利益が同26.3%増の23.31億円だった。

ヘアケア・海外部門の伸長に加え、染毛剤部門の成長が売上をけん引した。ヘアケア用剤部門では、新ブランド「ジェミールフラン」を始めとした毛髪補修成分「CMADK」配合のヘアケア、アウトバス製品が引き続き好調に推移した。また、染毛剤部門も、追加色による提案活動と新グレイカラー剤の投入で売上が上昇した。

15年12月期通期については、売上高が前期比6.6%増の269.00億円、営業利益が同4.7%増の46.61億円、経常利益が同3.6%増の43.69億円、純利益が同0.3%増の26.30億円とする期初計画を据え置いている。通期計画に対する第3四半期営業利益の進捗率は81.3%となる。また、期末配当については35円を予定しており、中間配当35円と併せた年間配当予想は70円となる。

なお、本日はゆめが丘工場(三重県伊賀市)の増設についても発表している。売上高の伸長に伴い生産能力の上限に近付いていることから、今年1月に発表した中期5ヶ年事業構想「平成31年度連結売上高350億円」を達成するために更なる生産能力の拡充が必要と判断した。約47.5億円を投じ、生産能力を約3倍の規模に拡充する。生産量の拡大などによる生産効率の向上や更なる人材の有効活用が可能となる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均