市場ニュース

戻る
2015年09月30日16時10分

【特集】アイ・エス・ビー Research Memo(6):Wi-SUNとdataSamplr一体での販売拡大を狙う


■新事業の紹介

(4) Wi-SUN及びdataSamplr

Wi-SUN(ワイ・サン)は、Wi-SUNアライアンスが仕様策定し、規格化された国際無線標準通信規格の1つである。同社は、Bルート(スマートメータと建物内(HEMSやBEMSなど)向けとHAN向けのWi-SUNプロトコルスタックを開発した。また、プロトコルスタックのみならずWi-SUNセンサノード(ルータ・コンセント・温湿度照度センサ・加速度センサ・CTクランプ・汎用センサBOX)も開発し販売している。狙っている分野としては、エネルギー管理(HEMS・BEMSなど)、農業、交通、防災、防犯、見守りなどの各分野での利用が見込まれている。各分野での実証実験は、既に開始されている。

アイ・エス・ビー<9702>はさらに、これらセンサから収集したデータを利用するサービスのプラットフォームとしてM2Mクラウド基盤として「dataSamplr(データサンプラー)」の提供も開始した。dataSamplrは、Wi-SUNデバイスに留まらず、あらゆるセンサーデバイスをつなぐデバイス非依存インターフェースを採用している。また、低コスト・小規模構成向けにもスモールスタート用のサービスも用意している。サービスラインナップとしては、クラウドサービス・プライベートクラウド・クラウドからセンサネットワークまでのM2Mワンストップサービスを用途に合わせて用意している。これらの製品と技術を活用して今後のIoT分野での販売拡大を狙っている。
※HEMS: Home Energy Management System
BEMS: Building Energy Management System
HAN: Home Area Network
M2M: Machine to Machine
IoT: Internet of Things

いずれの製品も国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)から技術移転を受けて販売を開始している。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均