市場ニュース

戻る
2015年09月30日11時02分

【経済】アリババ、インド同業Paytmへの出資を表明


中国のIT大手アリババ・グループはきのう29日、傘下のオンライン決済サービス「アリペイ(支付宝)」を運営する関連会社Ant Financial Services Group(マ蟻金融服務集団)と共同で、インドのオンライン決済サービスPaytmに出資すると発表した。インドの現地メディア[Business Standard] がきょう30日報じた。

出資額は明らかにされなかったが、アリババとマ蟻金融はそれぞれPaytmの株式20%を取得する計画で合意したと報じられた。これにより、Paytmの創業者Vijay Shekhar Sharma氏の保有株式数は従来の26%から21%に低下し、Saif Partnerの保有株式数は従来の37%から30%に減少する見通し。シティバンクは幹事を務める予定だ。

Paytmはインドの大手プロバイダOne 97 Communicationsが運営している。中国とインドの人口は合計で約27億人となり、予定通り出資が実現されれば、アリペイとPaytmは将来相互に決済できると期待されている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均