市場ニュース

戻る
2015年09月28日15時42分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(3):日野自、ソフトバンク、IHI 、スズキ

■オークワ <8217>  974円  +1 円 (+0.1%)  本日終値
 オークワ<8217>が小幅続伸。きょう午後1時に、15年8月中間期(2月21日~8月20日)の連結利益予想を上方修正した。営業収益は1350億円(前年同期比1.1%減)から1340億円(同1.8%減)に引き下げられたものの、営業利益は5億5000万円(同31.3%減)から8億5000万円(同6.3%増)へ引き上げられ、大幅減益予想が一転、増益予想となった。純利益は2億円から6億5000万円(前年同期は500万円の赤字)へ引き上げられた。スーパーマーケット事業で、改装計画の一部見直しや販管費の削減などに取り組んだことに加え、電気代の値上げが当初予想を下回ったことが要因。

■イオン九州 <2653>  1,695円  +1 円 (+0.1%)  本日終値
 イオン九州<2653>が小幅続伸。同社は先週末引け後、16年2月期通期業績予想の下方修正を発表。営業損益は200万円の黒字から7億5000万円の赤字に、最終損益は11億円の赤字から20億円の赤字に引き下げている。会社側では、梅雨明けの遅れや台風の影響により全般的に売り上げが伸び悩んだことから、前回予想を下回ると見込んでいるものの、一部市場関係者の間では、「気象的要因の下方修正は想定範囲内」との見方も出ており、材料視されなかったようだ。

■東洋鋼鈑 <5453>  358円  -61 円 (-14.6%)  本日終値  東証1部 下落率トップ
 東洋鋼鈑<5453>が急反落。前週末25日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1250億円から1190億円(前期比3.3%減)へ、営業利益を同82億円から65億円(同1.0%減)へ、純利益を同51億円から37億円(同25.7%減)へ下方修正しており、これを嫌気した売りが相次いでいる。上期に、鋼板関連事業の缶用材料や電池材、および機能材料の販売数量が想定を下回る見込みであることが要因としている。また同時に、従来6円を予定していた中間配当を5円(前年同期5円)に引き下げると発表したことも弱材料視されている。なお、期末配当は従来予想の6円(前年同期5円)を据え置いており、年間配当は11円(従来予想12円、前期10円)を予定している。

■日野自動車 <7205>  1,227円  -69 円 (-5.3%)  本日終値
 日野自動車<7205>が大幅反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が、同社についてリポートをリリースしている。同証券は、タイバーツなど為替前提の変更に伴い、日野自動車に対する業績予想を引き下げている。ただ、業績予想を下方修正するものの、目標株価は1460円から1470円へ小幅に引き上げられた。17年3月期について、原材料価格変動が40億円増の増益要因となる見込みとしながらも、アジアのトラック販売に関する弱気の見方は変わらないともしている。レーティングは「アンダーウエイト」が据え置かれた。

■イオンファンタジー <4343>  1,548円  -58 円 (-3.6%)  本日終値
 25日、イオンファン <4343> が16年2月期上期(3-8月)の連結経常利益を従来予想の20億円→10.5億円に47.5%下方修正。従来の12.2%増益予想から一転して41.1%減益見通しとなったことが売り材料。ファンフィールドとの経営統合などにより売上高は計画を1.3%上振れたものの、内外計51店の積極出店によるコスト増や人民元の切り下げなどによる為替差損の発生が響いた。

■KDDI <9433>  2,675.5円  -63.5 円 (-2.3%)  本日終値
 モルガン・スタンレーMUFG証券の電気通信セクターのリポートでは、KDDI<9433>が仕掛けた料金競争は鎮静化し、料金競争・規制関連の不透明感は12月までに解消しそうと指摘。収支影響は小さい可能性があるとみて、2016年からは各社の業績拡大と株主還元に再度注目が集まると解説。業界投資判断は「インライン」を継続。個別選好順位は、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>、KDDI、ソフトバンクグループ<9984>の順に設定している。

■ソフトバンクグループ <9984>  5,772円  -134 円 (-2.3%)  本日終値
 ソフトバンクグループ<9984>が連日で年初来安値を更新。モルガン・スタンレーMUFG証券では、Sprintの競争力改善は過去比較ではなく競合比較が重要とみて、「中期的な課題で短期の解決策はない」と指摘。国内通信事業はキャッシュカウながら「成長のスロ―ダウンは否めない」として、増益の継続は課題として残ると解説。レーティング「イコールウエイト」を継続、目標株価を8500円から7500円に引き下げている。

■IHI <7013>  315円  -7 円 (-2.2%)  本日終値
 IHI<7013>が続落。モルガン・スタンレーMUFG証券では、15年度上期営業利益は会社計画の200億円に対し未達の可能性が高そうと指摘。海洋構造物にかかる追加的な採算悪化影響の顕在化、環境変化に伴うターボチャージャー販売台数下振れリスクなどを織り込み、通期営業利益予想を720億円から680億円(会社計画は750億円)に引き下げ。レーティングは「イコールウエイト」を継続するも、目標株価を510円から400円に引き下げている。

■スズキ <7269>  3,693円  -81 円 (-2.2%)  本日終値
 スズキ<7269>が買い先行でスタートも値を消す。同社は26日、現在保有している独フォルクスワーゲン(VW)株式について、VWの筆頭株主であるポルシェ・オートモービル・ホールディングSEに全株売却することを発表した。売却株式総数は439万7000株で売却益は約367億円に達する。15年7~9月期に特別利益として計上する見通し。VW株式は現在、排ガス不正問題の渦中にあり急落しているものの、大幅な売却益を確保することで、これがポジティブに受け止められた。スズキは、VWとの提携解消を背景に今月17日にVWから同社の発行済み株式総数の約20%にあたる株式を約4300億円で買い戻している。

●ストップ高銘柄
 ニューテック <6734>  615円  +100 円 (+19.4%) ストップ高   本日終値
 ファンデリー <3137>  715円  +100 円 (+16.3%) ストップ高   本日終値

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均