市場ニュース

戻る
2015年09月28日08時30分

【市況】NY金先物週間見通し:上げ渋りか、米国の年内利上げを織り込む展開に


■NY金先物
安値:1,101.50ドル
高値:1,156.40ドル
終値:1,145.60ドル
前週末比(騰落率):3.83%

■上昇、米利上げ先送りや株安が支援材料に

NY金先物は上昇。米利上げの先送りを意識した買いが膨らんだ。NYダウは25日の取引で反発したが、欧米株安に対する市場の警戒感が消えていないこともリスク回避的な金買いを促す要因となった。ただし、イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長が年内利上げを示唆したことで、安全逃避の買いは週末前に一服した。


■上げ渋りか、米国の年内利上げを織り込む展開に

想定レンジ:1,120.00~1,170.00ドル

NY金先物は上げ渋りか。米国の年内利上げの可能性が高まっており、金先物市場ではこの動きを完全に織り込む相場展開となりそうだ。上値はやや重くなる可能性があるが、米長期金利が上げ渋った場合、安全逃避の買いは継続する可能性がある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均