市場ニュース

戻る
2015年09月25日17時32分

【特集】ダイキアクシス Research Memo(18):配当性向は当面25%以上、中期的には30%が目標


■株主還元策

ダイキアクシス<4245>の配当政策として、連結配当性向を当面は25%以上、中期的には30%まで引き上げることを目標としている。グラフの1株当たり配当金は、株式分割を修正している。1株当たり配当金は連続して増加しており、配当性向も25%以上に引き上げられた。2014年12月期の1株当たり配当金は、期初予想の19円(株式分割前38円)から、予想以上の好業績を反映して2度にわたる増額を経て、記念配を含め30円に引き上げられた。2015年12月期の1株当たり配当金は据え置かれ、予想配当性向は28.8%と目標の30%に近づく。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均