市場ニュース

戻る
2015年09月25日10時20分

【材料】<前場の注目銘柄>=宇部興、電池材料事業に注力

宇部興 【日足】
多機能チャートへ
宇部興 【日中足】
 宇部興産<4208>は15日、車載用リチウムイオン電池のセパレーター製造設備を増強すると発表した。2020年までに現行比倍増となる3億平方メートル規模へと生産能力を引き上げ、電池材料事業のさらなる拡大を目指す。

 また、足もとでは食品包装フィルム用途を中心にナイロン樹脂の出荷が堅調で、東南アジア向けセメント輸出や廃棄物処理事業も伸長。今後は電力自由化による売電事業の拡大も期待される。

 16年3月期第2四半期累計(4~9月)の連結営業利益は140億円(前年同期比2.3倍)が見込まれているが、第1四半期時点での進捗率は68.4%に達しており増額修正される可能性があり注目したい。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均