市場ニュース

戻る
2015年09月25日08時06分

【材料】ブレインパッド---中期経営計画を発表。今期はストック型ビジネス転換の準備時期、下半期から利益回復へ

ブレインP 【日足】
多機能チャートへ
ブレインP 【日中足】


ブレインパッド<3655>は大量データを用いた分析・予測を軸とするビッグデータ分析の関連事業を展開している。データ分析力、数理アルゴリズム開発力(最適化エンジン等)、システム構築力に強み。

2019年6月期を最終年度とする中期経営計画を発表。売上高で60億円、経常利益で10億円が目標となっている。2016年6月期は売上高で前期比10.6%増の30.0億円、経常利益で同59.7%減の0.4億円が見込まれている。会社側では今期をストック型ビジネスの比重を高め、利益率を向上させていくための準備時期と位置づけており、費用負担が先行するようだ。2015年6月期は、全売上高に占めるストック売上の比率が5pt程度増加して48.3%となった。前最終四半期には第3四半期末比23名増の160名に人員が増加しており、上半期は人件費等の負担が先行するが、下半期より利益が回復してくる見込み。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均