市場ニュース

戻る
2015年09月24日16時44分

【材料】オンコリスバイオがカナダのマックマスター大学と共同研究を開始

オンコリス 【日足】
多機能チャートへ
オンコリス 【日中足】

 オンコリスバイオファーマ<4588>がこの日の取引終了後、カナダのマックマスター大学(オンタリオ州)と腫瘍溶解ウイルス「OBP-301」(テロメライシン)とチェックポイント阻害剤の併用に関する共同研究を開始すると発表した。
 マックマスター大学は、がん免疫誘導に関する研究実績を多く持つ大学。今回の共同研究では、カレン・モスマン教授の研究グループと、テロメライシンを併用したがん免疫関連の非臨床試験を実施するというもので、テロメライシンとチェックポイント阻害剤を併用した場合の腫瘍抑制効果の検討や、全身での腫瘍特異的な免疫細胞の増殖に関する検討を目的としている。これにより同社は、テロメライシンの治療領域を局所療法から全身療法へ広げる可能性を確認する方針だ。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均