市場ニュース

戻る
2015年09月24日12時52分

【市況】日経平均は425円安で後場スタート、前引け値から若干下げ幅を拡大/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17644.83 (-425.38)
TOPIX  : 1435.67 (-26.71)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を広げて始まっている。ランチライムの225先物は17500-17540円辺りでのもち合いが続く中で、現物の後場寄り付き直後には17580円まで切り返しをみせている。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル119円95銭-120円05銭辺りでの推移に。

 セクターでは機械、非鉄金属、鉄鋼、ガラス土石、電気機器、証券、鉱業、海運、輸送用機器、金属製品などの弱さが目立つ。一方で、小売、陸運、食料品など内需系の一角が小じっかり。売買代金上位では全般冴えない中で、セブン&アイ<3382>が堅調。業績上方修正を発表したJPX<8697>は前引けと変わらずの水準での推移に。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均