市場ニュース

戻る
2015年09月24日12時40分

【為替】東京為替:ドルもみあい後売り、日経平均の下げ幅拡大で


24日午前の東京外為市場で、ドル・円は119円80銭台まで値付近。

ドル・円は前日の海外市場で、米国の9月製造業購買担当者景気指数(PMI)が53.0と、悪化予想に反して8月と同水準を維持したことが好感され、一時120円55銭まで上昇した。その後は東京市場の午前中まで120円20銭を挟んでもみあった。

東京市場では手がかり材料の日経平均が軟調地合いとなり、前引け前に下げ幅を拡大。これを受けドル・円は売りが強まり、一時119円86銭まで値を下げた。

足元では上海総合指数がマイナス圏で推移しているほか、ランチタイムの日経平均先物が軟調地合いとなっていることから、午後の取引もドル売りがやや優勢となる見通し。

ユーロ・ドルは1.1165ドルから1.1192ドル、ユーロ・円は134円01銭から134円65銭で推移している。


【経済指標】

NZ・8月貿易収支:-10.35億NZドル
(予想:-8.5億NZドル、7月:-7.26億NZドル←-6.49億NZドル)

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均