市場ニュース

戻る
2015年09月18日14時38分

【材料】ツルハHDが反発、国内大手証券は第1四半期決算に「ポジティブな印象」

ツルハHD 【日足】
多機能チャートへ
ツルハHD 【日中足】

 ツルハホールディングス<3391>が3日ぶりに反発。前場に前日比290円(3.0%)高の9860円まで買われる場面があったものの、その後は上げ幅を縮小している。
 大和証券は、同社の第1四半期決算について、「ポジティブな印象である」としているほか、「8月16日付でハーティウォンツとウェルネス湖北が統合、11月上旬にはレデイ薬局を子会社化する見通しで、今後はシナジー効果も顕在化」するとの見解を示している。同証券は、既に同社の相対評価は上昇してきているものの、中期的に高い利益成長が続くと見込み、レーティング「1(買い)」、目標株価1万1000円を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均