市場ニュース

戻る
2015年09月16日13時15分

【為替】東京為替:ドル軟調地合い、日経平均の伸び悩みで


日経平均株価はプラス圏で推移しているが、後場は上げ幅を縮小したことから、ドル・円は売り継続。午後は一時120円15銭まで下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)前で積極的に動きにくいなか、目先日経平均が再び上げ幅を拡大する展開となれば、リスク選好的なドル買いにつながりやすいとみられる。


ユーロ・ドルは1.1270ドルから1.1298ドル、ユーロ・円は135円60銭から135円85銭のレンジ内で推移した。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均